職業紹介の事業報告書の書き方

職業紹介の事業報告書の書き方

スポンサードリンク

職業紹介の事業報告書の書き方に関しては、書類を見るとわかりますが、書く内容は限られています。

 

紹介予定の実績の有無を記入した上で、有の場合は具体的な数を示していきます。
国内と海外に分けられていますが、常用求人数、臨時求人数、日雇い求人数の求人内容。
求職は、有効求職数、新規申し込み件数に区分されています。
その上、実際の就職した人数の記載になります。

 

活動内容には、予定派遣などの記載もあります。
3月末日現在の有効求人を記載することになります。

 

尚、常用は4ヶ月以上、臨時は1ヶ月以上4ヶ月未満、日雇いは1ヶ月未満の場合の含みます。

 

また、手数料などもそれぞれに記載することになっていますが、求人受付手数料は上限が670円となっています。

 

その他、手数料などの種類も有りますから、詳しくは、各都道府県の労働局が窓口になっています。

 

この職業紹介事業報告書により、国内の求人状況などがわかります。
転職市場の動向を見るのに重要なデータとなるのです。

 

書き方については正確さはもちろんのこと、記載漏れ等があることで、事業に影響が出ることもあります。
特に、会社としての、会計などにも支障が出ることも考えられますから、特に初めての職業紹介事業報告書の書き方については、不明点は必ず解決してから書くことをオススメします。

 

国の動向にも関係する大切な書類であることを自覚して、正確にかいていただきたいと思います。

職業紹介の事業報告書の書き方についての情報

スポンサードリンク