職業紹介業の許可の取り方

職業紹介業の許可の取り方

スポンサードリンク

職業紹介業を営むには、国の許可が必要なります。
その流れをみてみましょう。

 

まずは、職業紹介業の会社設立をします。
その際に、役員や責任者については、一定の基準を満たしていることが必要です。
この内容としては、禁固以上の刑罰を5年以内に受けていない、風俗業との絡み、住所が不安定などがあります。
また、責任者になるものについては、成年であり3年以上の職業経験と職業紹介責任者講習の受講が義務となっています。

 

人員については、社員50人に付き、職業紹介責任者1人、事業所ごとに1人、派遣元責任者との兼務はできないとされています。

 

これらの基準で、もし×の項目があることかで許可がおりないことになっています。
また、手数料もある程度かかりますから、職業紹介業を営むという場合は、必要書類などの説明を受けることが大切です。

 

このような許可を受けなければ、職業紹介業の営業はできないものとされています。
それ程難しい許認可ではないのですが、代行サービスなども行われています。

 

時間的に大変だったり、具体的な例を知りたいときなどは、相談に行かれると良いでしょう。

 

実際の許可申請は、受理から3ヶ月はかかると言われています。
それまでの書類集めなどにも時間がかかることは予想されますから、計画的な行動で、職業紹介業の許可を申請することをオススメします。

 

代行に依頼をすると、手数料はかかりますが、比較的スムーズに、許可が降りるケースもあります。

職業紹介業の許可の取り方についての情報

スポンサードリンク